政策・提言

「信念を持って生きる、時を待て」固い決意とともに新たな挑戦! 新たな決意!

「人は、強くなければ生きていけない。しかし、やさしくなければ生きる資格がない」。私の好きな言葉です。強くなければ、様々な困難を乗り越え、競争を勝ち抜くことも、不正をただし理不尽さを是正することもできません。やさしくなければ、今なお困難の中に暮らしている人達や、障がいのある方々、子どもたちやお年寄りに、そっと手を差し伸べることもできません。

今、私達には災害に強く、犯罪に強く、そして競争力のある強い神奈川そして厚木を築き上げることが求められ、また医療や福祉の充実が県民の将来への安心をもたらし、子育て支援の充実や教育の振興が、子どもたちの未来を育むやさしい神奈川 厚木を築き上げていくことが求められています。その思いを胸に『私がやります!声を力に!夢を力に!』政治信条『一生懸命!』のもと、ブレることなく信念をもって生き、新たな神奈川・厚木の高みを目指し取り組んでまいります!

山口貴裕

政策提言①『私が担う』

これからも“若き政治家”として“パパ・ママの代弁者”。子どもから高齢者まで満面な笑顔を求めて“猪突猛進”。課題解決に果敢に取り組んで参ります。今期の成果の一例を例示させて頂きます。

約束実行

  • 厚木警察署新築!
  • 厚木児童相談所新築決定!
  • 待機児童解消のため保育所建設!
  • 県総合防災センターの更なる整備充実!
  • 通勤・通学の安全安心のため相模新橋(相模大堰)人道橋建設!
  • 手話言語条例の推進!
  • 議会改革 特別委員会委員長時議会報告会(公開委員会)を厚木市で開催!
  • 『神奈川の未来』をテーマにラジオ日本に出演!

提言

  • 全国に発信!宮ケ瀬のブランド化
  • 厚木地域における県有施設の再整備国・県・市庁舎の合築
  • 障がい者と健常者が共有するスポーツの裾野を広げる『世界ゆるすぽ協会』の推進
  • 障がい者にやさしい、魅力ある都市公園づくり
  • 即時に子どもを守るため児童相談所と警察との連携

政策提言②『未来を育む』

子育て・教育

  • 待機児童の解消、多様な保育サービスの充実、小学生等の放課後児童クラブの充実に取り組みます。
  • 児童虐待防止、引きこもり青少年支援、不登校、いじめの未然防止に力を注ぎます。
  • 厚木児童相談所の早期新築、充実に力を注ぎます。
  • 子どもの貧困対策の推進に力を注ぎます。
  • 成長戦略に資するグローバル人材の育成に力を注ぎます。

女性活躍 ~ママ・ばぁば出番です!女性が輝く社会を実現~

  • 全ての女性がそれぞれの生き方に自信と誇りを持ち、様々な分野で持てる力を最大限に発揮し輝ける社会の実現に力を注ぎます。
  • 女性生活のあらゆる分野で支援強化に力を注ぎます。

医療・福祉

  • 東洋一の神奈川リハビリテーション病院となるよう更なる高度医療機器の充実・リハビリロボット開発・施設整備に力を注ぎます。
  • 今や国民病と称されるがん対策の推進、近代医療に力を注ぎます。
  • 歯及び口腔の健康づくりの推進に力を注ぎます。
  • 医療・介護・保育士・幼稚園教諭等人材の育成・確保に力を注ぎます。
  • 人生100歳時代を迎えて健康寿命が延びる中、働く意欲のある高齢者の方々が個人の経験や能力を活かし自分自身のライフデザインを描き、一人ひとりが生涯生きがいをもって社会に参加できるよう力を注ぎます。
  • 高齢者の安全・安心、楽しく咲顔(えがお)あふれる施設づくりに力を注ぎます。
  • 医療的ケアを必要とする子どもたちへの支援に力を注ぎます。
  • 手話言語条例の普及に力を注ぎます。

政策提言③『大地を守る』

農業・自然環境・観光 ~七沢・飯山・宮ケ瀬ダム・大山(東丹沢観光)~

  • ダムランキング1位になった宮ケ瀬ダムの魅力を全国に発信し日本遺産である大山と連携し東丹沢の自然の中での森林浴・パワースポット、ロッククライミング等をPRすることで七沢・飯山の温泉街の活性化に力を注ぎます。
  • 都市農業の推進、かながわブランド・あつぎブランドの安心安全な農産物供給体制の向上に力を注ぎます。
  • 鳥獣被害対策の強化に力を注ぎます。

文化・芸術・スポーツ

  • 子どもたちに夢を!夢が持てるスポーツ施設・スポーツ文化の殿堂づくりに力を注ぎます。
  • 障がいスポーツや『ゆるすぽ』の振興に力を注ぎます。
  • 郷土の文化・郷土芸能・神社仏閣等々の歴史文化の醸成に力を注ぎます。

政策提言④『都市を創る』

地方分権改革と神奈川再構築厚木に第2県庁を!

  • 全国に例のない3政令市を有し、神奈川県の70%の人口を占める政令市に県庁は不要であります。他の市町村の許可等の機能スピードUPや利便性を考え、県央のハイウェイのまち厚木に第2県庁の誘致を引き続き図り、市・県・国の庁舎等を統合し厚木の新たな顔 『行政都市』として生まれ変わることに力を注ぎます。

鉄道・道路新時代へ

  • ハイウェイのまちにふさわしい『陸の港』として新東名高速道路・R246厚木秦野バイパス線や県道等の早期開通を目指し県央の雄都として『ハイウェイのまち厚木』の完成に力を注ぎます。
  • 今後できるインター周辺の更なる開発に努め新時代の幕開けに力を注ぎます。
  • 鉄道は小田急多摩線の延伸により愛川・棚沢・荻野・森の里・愛甲石田そして新幹線倉見駅への接続に力を注ぎます。

経済・産業界から見て

  • 世界に誇れる企業が集積する厚木、ものづくりの厚木の特徴を活かし、まち機能を発揮し新時代にふさわしい『さがみロボット産業特区』として産学公の連携を密にし海外研究所をはじめロボット集積に力を注ぎます。
  • 障がい者の雇用促進に力を注ぎます。
  • 農業や建設業、商工業等の地域社会の担い手の育成に力を注ぎます。

安全安心

  • 地震等自然災害から生命と財産を守るため『県土強靭化神奈川』の加速に力を注ぎます。
  • 水・電気に次ぐ情報インフラ整備の強化と災害時即応能力の促進に力を注ぎます。
  • 高齢者が振り込め詐欺等に遭わないようまた女性がストーカー事案等で女性の安全が脅かされないよう治安インフラの確立に力を注ぎます。
  • 白線など道路標識の整備に力を注ぎます。